女性に贈る誕生日プレゼント

女性に贈る誕生日プレゼントのポイント

KAZ  KAZ

女性へのプレゼントは、

女性との関係性と二人の時間によって、贈るキモチが変わってきます。
私の花屋さんの経験から感じたことは、
独身の時はプレゼントするシーンが多いのは、
お付き合いを初めて1年目の誕生日と3年目の誕生日が一番多いですね。

 

そう・・1年目は、これから永く付き合いたいという思いと、
喜んでもらいたいという思いがあって、
そして次に3年目の誕生日、
ある程度お付き合いしてて、そろそろ結婚しようかと考えていることもあって、
プロポーズと誕生日を兼ねてプレゼントかる人も多いです。

 

結婚してからは、二人の誕生日だけでなく、義理のお母さん、お父さんに対してもプレゼントする機会も多くなります。

ここでは、色々なケースで、女性に贈る誕生日プレゼントにおいて注意しなければならない事を考えてみましょう。

 

彼女になってもらいたい人への誕生日プレゼント

 

お付き合いする前の彼女の誕生日プレゼントを考えている時は、
色々想像が膨らんでとても楽しいものですが、
注意しなければならない事は、
「思い込み」にならないようにすることです。

 

あまりにも思い込みが強くて、
プレゼントを外してしまった失敗談は、よく聞くお話です。

自分の思いこみでプレゼントを選ぶのではなく、
相手の女性の好みをリサーチすることが大切です。

 

相手の女性はどういうものが好みなのか?

 

何に興味を持っているか?

 

そして、自分の想いをどのようにどうやって伝えるか・・・等

 

事前に良く考えておくと良いでしょう。

 

相手の女性の好きな物や、欲しいと考えている物、
または欲しいブランドや色の好みなどを
しっかりとリサーチした上で選ぶのが良いと思います。

 

自分に好感を持っていると感じるのであれば、
多少グレードアップした物をチョイスしても良いでしょう。

 

例えば欲しいものランキングのいつも上位にくるアクセサリーやバック類等は、
好印象を与えるアイテムのようですよ。

 

好感を持っているかどうかわからない場合は、
ちょっとレストランに食事に行くとかでも良いと思います。

 

最初が肝心ですが、
あまり奇をてらったモノより、
誠実に相手のキモチを考えて贈り物を選ぶ方が良いかもしれませんね。

お誕生日のプレゼントにフラワーアクセサリーのご紹介。コチラから⇒女性のオクリモノ

 

彼女への誕生日プレゼント

 

彼女誕生日プレゼント

 

〇最初の誕生日のプレゼント

 

彼女としてお付き合いを初めて、最初の誕生日のプレゼントはとても大切です。
釣った魚に餌をやらない・・・彼女になったとたんに手を抜いていると思われたらやですよね。

 

付き合って1年目ではどのようなプレゼントしたら良いのでしょうか?

 

彼女への誕生日プレゼントを選ぶときは、彼女がいつも身に付けてくれるもの、
使っているものから選ぶことが外さない秘訣ですね。

 

それとは逆に、贈る側のセンスが必要ですが、
彼女が今まで持っていない物や、
こんなものを身に着けてもらいたいというような
男性側の願望を贈るのも良いかと思います。

 

喜んでもらえれば、「自分の事を理解してくれている」という事にもなり、
今よりきっと、絆は深くなると思います。

 

〇2回目以降のプレゼント

 

お付き合いの期間が2年以上たった彼女へのプレゼントは、どう考えるべきでしょうか。

 

プレゼントの回数も増えてくるので、悩んでしまうと思います。

今まで、贈ったものと絶対に比較されますので、
大切なのは、同じような物を贈らないということです。

 

モノとして残ってしまうようなものは特に注意が必要ですね。
例えば去年もネックレス、今年もデザインは違うけどネックレスということは無いようにしたいですね。
貰う側の感動が半減されてしまうでしょう。

 

つまり「毎年違うものを贈る」ということが大切という事ですね。

 

また、価格も下げてしまうことは、印象は良くありません。

 

そんな彼女への、2回目以降の誕生日プレゼントは、いったいどのようなモノが良いのでしょうか。
ある程度お付き合いが進むと、
彼女の好みであるとか、興味のある物とかが、必ず発見があるはずです。

 

あなたが発見したものことを、形にして彼女にプレゼントすれば良いのです。

すると、それだけ自分のことを理解していくれているということが相手に伝わり、
あなたのプレゼントにかれた予算以上の価値になるはずです。

 

参考までに、贈るキモチ制作委員会が行ったアンケートの結果を以下に

 

「彼女が欲しい誕生日プレゼントは?」

1位 花
2位 ネックレス
3位 指輪
4位 バッグ
5位 ブレスレット

 

「彼女が欲しくない誕生日プレゼントは?」

1位 香水
2位 名入れグッズ
3位 マッサージ器
4位 アロマグッズ
5位 観葉植物

 

妻への誕生日プレゼント

 

夫婦

 

それでは、彼女と結婚してからの誕生日プレゼントについてお話しいたします。

結婚すると家庭に経済が生まれ、財布が一緒になりますので、
生活が優先となり、付き合ってた頃と比べて気を使うことが少なくなります。
ましてや子供が出来るとますます、その傾向が強くなります。

 

女性(妻)も、結婚前と比べると「物欲」は減りますね。
どちらかというと、モノをプレゼントするのも良いかもしれませんが、
一緒に何かをするとか、家族でおいしいものを食べに行くとか、
モノからコトへ変化していくのかもしれません。

 

また、結婚すると結婚記念日という特別な記念日もできるわけなので、
家によって誕生日と結婚記念日の過ごし方に違いが出てくるのではないでしょうか?

 

ただ、一般的にいって女性は共感とか共有を非常に喜びます。

 

二人で初めて入ったレストランとか、初デートの場所とか、
結婚式を挙げた施設とか女性(妻)にとって記念日の場所はとても重要で、
そんな場所等を忘れないようにして、
誕生日に再び二人でその場所に行ったりすると、
とても嬉しいプレゼントになると思います。

 

例えば、初めて二人で入ったレストラで予約をとって、
花束とケーキを用意してもらうのも
ちょっとしたサプライズのプレゼントになると思いますし、
レストランによっては、色々な演出サービスしてもらえるところもありますので、
調べてみるのも良いですね。

 

お花屋さんの経験から言うと、妻(奥様)の誕生日にお花を買いに来ていただく方は、
結婚5年目、10年目、20年目・・など結婚してからの節目の時期に多いようです。

 

メッセージカードの文面も「感謝」とか「ありがとう」の言葉が多かったように記憶していますので、
結婚前の自己主張が強いプレゼントから相手側に立った
自然な言葉を載せたプレゼントに変わってくるような気がします。

 

母への誕生日プレゼント

 

親子

 

結婚すると、自分の両親だけでなく、相手の両親、
つまり義理の母や父にもプレゼントする機会が増えてきます。

何をプレゼントしたら良いか迷っている方も多いのでは?

母へのプレゼントのご紹介はコチラから⇒母へのオクリモノ

 

実母への誕生日プレゼント

 

一番大切なものは、中身よりも贈り手の気持ち、

息子や娘からのプレゼントですから、

 

「高価なプレゼントよりも、私の事を考えながら品定めをしてくれた事にうれしさを感じる」

 

という方がほとんどです。

 

一緒に何気ない食事をすることや、買い物をすることでもお母様は喜ばれるものです。

遠方に居られる場合は、誕生日に帰省されたり、
電話を入れることもうれしいプレゼントに変わることでしょう。

 

また、最近ではメッセージカード代わりに子供(孫)の写真や動画をプレゼントする人も多くなってきました。
なかなか、会いに行けない場合は、そうしたプレゼントも喜ばれると思います。

 

義務感だけでお母さまへの誕生日プレゼントを選んでいるのであれば、
一旦プレゼント選びから離れてみて、お母様のとびっきりの笑顔を思い浮かべてみましょう。

きっと素敵な贈り物のアイディアを思いつくことができるはずです。

 

何を貰っても喜んでくれると思いますが、
母の日のプレゼントとダブらないようにしてあげることは大切ですね。

 

○お義母さんへの誕生日プレゼント

実母の誕生日プレゼントよりも迷ってしまうのが、義母への誕生日プレゼントです。

義母なのである程度気は遣わなければなりません。
でも、気を遣い過ぎてもまた気分を害されてしまいます

 

例えば、良く使う方法ですが、

あなたが妻の立場で、お義母さんへのプレゼントを選ぶとします。

 

お義母さんには、予め夫である息子が選んだことを伝えておいておくことも大切で、
夫がはたして自分の母親の好みを
どれだけ分かっているかには大変疑問がありますが、
自分の息子が選んでくれたプレゼントを嫌がる母親はいませんよね。

 

お義母さんの好みを知ろう!世間一般では、お義母さんへのプレゼントを
どのように選んでいるのでしょうか。

 

お義母さんへのプレゼントを選ぶポイントとして、
「少しでも好き嫌いがなさそうな品物」という
イメージを持って選ぶことが大切です。

 

まずは「お義母さんの好みは何か?」を知ることができるならば、
必ず情報収集しておきましょう。

 

もし、どうしても分からない場合は、
「少しでも好き嫌いがなさそうな品物」を選びましょう。

 

 

フラワーアクセサリーとインテリア

 


このエントリーをはてなブックマークに追加