ピスタチオ

結婚記念日暦 30年~75年目 成熟期

F氏  F氏

結婚記念日には、それぞれの名称がついています。

名称やその意味、記念のプレゼントをご紹介していきます。

 

30年目 真珠婚式

これからのますますの繁栄を、富と健康の象徴である海の宝石、真珠に例えて。
アクセサリーなどの真珠製品を贈ります。

 

35年目 翡翠婚式

何十年、何百年と、永い年月をかけて成長を続ける珊瑚のように・・・という意味。
珊瑚、ひすい製品を贈ります。

 

40年目 ルビー婚式

二人の深い信頼関係をルビーの深紅の色に例えて。
ルビーをはめ込んだ指輪やネックレスなどのアクセサリーを贈ります。

 

45年目 サファイア婚式

ここまで夫婦を続けてこられたのは、お互いの誠実さと徳望で結ばれていたから。
サファイアを使用したアクセサリーなどの装飾品を贈ります。

 

50年目 金婚式

黄金の輝きを得た、豊かな日。
金の装飾品はもちろん、金箔をあしらったケーキや料理、金箔入りのお酒などを贈ります。

 

55年目 エメラルド婚式

深い緑のエメラルドのように、静かで尊い夫婦の暮らしという意味。
装飾品などエメラルド製品などを贈ります。
60年目 ダイヤモンド婚式 長寿と一族の繁栄は、世界で一番硬いダイヤモンドのように輝かしいという意味が込められています。
最高の記念日。 装飾品などダイヤモンド製品を贈ります。

 

75年目 プラチナ婚式

究極の記念日ですね。ここまで二人で長生きしたいものです。
装飾品などプラチナ製品 を贈ります。



 ここまで1年目~75年目の結婚記念日のお話をさせて頂きました。
それぞれ意味があることがわかりましたでしょうか。
でも〇〇婚式はものの例えではありますが、
そうなりたいと願う気持ちが大切で、
何を贈るかは自由に考えて良いと思います。

 

では次に・・結婚記念日の始まりはどうだったのでしょうか? ちょっと歴史を紐解いてみましょう。

 

 続く⇒結婚記念日の歴史

 

 stockvault-shadow-of-a-couple-holding-hands132418


このエントリーをはてなブックマークに追加