パステルカラーのプロフィットロール

贈るレシピ「パステルカラーのプロフィットロール」編

F氏  F氏

CUOCA STUIDO 脇元先生

「クオカスタジオ」 脇元先生

 

東京・自由が丘のお菓子・パンレッスン教室 「クオカスタジオ」脇元先生

一見難しそうに見えますが、実は初心者の方でも作れてしまうお菓子
味と見た目の良さでおおススメ

 

公式HPはこちらから

 

「パステルカラーのプロフィットロール」

 

パステルカラーのプロフィットロール写真

 

クオカスタジオの脇元です。私がこのレシピを選んだ理由は、多くの男性はシュークリームが好きだということと、
クオカのシューミックスを利用することで、比較的簡単に味と見た目がよいお菓子を作れることの2つです。

プロフィットロールは、小さなシュークリームをクリームやチョコレートで積み上げて山のようにしたイタリアのお菓子です。
イタリアではとてもポピュラーでカジュアルなスイーツですが、
今回はタルト台の上にパステルカラーのプチシュークリームを積み上げた華やかなスイーツにしています。

合わせて楽しむドリンクはコーヒーが良いでしょう。
プロフィットロールは、しっかり甘いスイーツなので、酸味の少ない珈琲がオススメです。

 

 

「パステルカラーのプロフィットロール」の材料

 

(直径 12cm 1 台分)

 

【プチシュー】

 

  • お湯だけでできるシューミックス 75g
  • お湯(40℃くらい)110ml
  • カスタードクリーム(アッシュカスター・プレーン)200g
  • コーティングチョコ(つぶつぶいちご)100g
  • コーティングチョコ(ホワイト) 100g

 

【クリーム】

 

  • 生クリーム(乳脂肪分45%) 100ml
  • 牛乳 8ml
  • グラニュー糖 9g

 

【仕上げ】

 

  • cuocaらくらくクッキータルト台 12cm
  • サインチョコ(イエロー) 1本
  • 銀箔シュガー(ピンク) 適量
  • シルバーミックスアラザン 適量

 

「パステルカラーのプロフィットロール」の作り方

 

 

1.【準備】

・天板にオーブンシートを敷いておく。

・オーブンを210℃に温めておく(予熱)。

 

2.【チョコの飾りを作る】

サインチョコ(イエロー)を50℃のお湯に3分間つけて、柔らかくする。

天板など、平らなものの上にベーキングペーパーを敷き、サインチョコでちょうちょの左側と右側を絞る。
固まる前に銀箔シュガー(ピンク)をふりかけて、冷蔵庫に入れて冷やし固める。

 

3.【シュー生地を作る】

シューミックスにお湯を加えて、ホイッパーで約2分間しっかりと混ぜ、なめらかでツヤのある状態にする。

 

4.丸口金#9(10mm)を入れた絞り袋に生地を入れる。

オーブンシートを敷いた天板に中心から渦を巻くように直径約8cmの円状を1枚絞る。残りの生地を直径約3cmに丸く絞っていく。

 

5.霧吹きで生地の上に軽く霧を吹き、210℃に温めたオーブンを180℃に落として約20分焼き、
 さらに150℃に落として約10分焼く。焼き上がったら、ケーキクーラー(網など)にのせて冷ます。

 

6.しっかりと冷めた丸いシュー生地の底に、シュークリーム口金で穴をあける。

 

7.【接着用の生クリームを作る】

生クリーム、牛乳とグラニュー糖を入れたボウルの底を氷水にあてて冷やしながら8分立てに泡立てる。使うまで冷蔵庫に入れておく。

※つのの先がピンと立つくらいが8分立ての目安です。

 

8.【仕上げる】

シュークリーム口金を入れた絞り袋にカスタードクリームを入れる。穴に口金を差し込み、カスタードクリームを(6)のシュー生地いっぱいに詰める。

 

9.コーティングチョコ(つぶつぶいちご)、(ホワイト)をそれぞれ軽く刻みボウルに入れ、約50℃のお湯に当てて溶かす。
(8)の半量ずつ、上面を下に向けてそれぞれのコーティングチョコにつけ、軽くふって余分なチョコを落とす。
ケーキクーラーなどの上に置いて、コーティングチョコが固まる前にアラザンをつける。

 

10.花口金8切#5を入れた絞り袋に(7)の生クリームを入れる。

 タルト台の上に生クリームを適量絞り、円状のシュー生地を置く。
 その上に生クリームで接着しながら(8)のシューを中心に1個置き、囲うようにシューを置く。
 同じように生クリームで接着しながら、きれいに積み重ねる。

 

※箱などに入れて持ち運ぶ場合は、お持ちの箱の高さに入るように積み重ねてください。

 

11.積み重ねたシュー生地の隙間に、生クリームを小さく絞る。生クリームを絞った上に、(2)の冷え固まったチョコの飾りをのせてできあがり。

 

 

きちんと計量して、あわてず手順をしっかりこなせば、お菓子作り失敗の確率はとても小さくなります。
クオカでは簡単につくれる材料をご用意しておりますので、参考にしてください。

 

詳しくはこちらの公式HPをご覧ください

 

 

CUOCA STUIDO 脇元先生

「クオカスタジオ」脇元先生

 

「東京・自由が丘のお菓子・パンレッスン教室 「クオカスタジオ」脇元先生

リピーターの多さがそのクオリティを証明。
プロも愛用するお菓子材料の店「クオカ」が運営するお菓子レッスン教室です。

 

 

公式HPはこちらから


このエントリーをはてなブックマークに追加

プレゼントに手作りお菓子・スイーツを贈ろう!