チェリーのマカロンルリジューズ

贈るレシピ「チェリーのマカロンルリジューズ」編

F氏  F氏

飯田先生

 

「中目黒にある 小さなお菓子/パン教室 Feve」飯田先生

女性に受ける可愛らしさを持ったお菓子、見栄えも良く美しいので女子には大ウケ

 

ロゴ

公式HPはこちらから

 

ホームパーティに向いている華やかなスイーツ「マカロン・ルリジューズ」

 

チェリ―ジャムとチェリーを飾った鮮やかなピンクのマカロンで、女性に受ける可愛らしさを持ったお菓子です。
名前の「ルリジューズ」とは修道女を意味していて、2段に重ねのドレスを表しています。

素敵な名前でしょう。そして見栄えも良く美しいので、女子には大ウケですね。
マカロンは女子の作ってみたいお菓子のBEST3に入るお菓子なので、
少し難しいですが、チャレンジしてみたらどうでしょうか。

 

「マカロン・ルリジューズ」の材料 (5㎝5個分、2㎝15個分)

 

マカロン生地

 

  • 卵白  50g
  • アーモンドプードル 125g  あらかじめ粉糖とあわせてよく
  • (純)粉糖 125g  ふるっておく。
  • 赤食用色粉 1g

 

イタリアンメレンゲ

 

  • 卵白 40g
  • グラニュー糖 112g
  • 水 30g

 

(バニラのクレームブリュレ)

 

  •  牛乳 100g
  • 生クリーム 75g
  • バニラビーンズ 1/2本
  • 卵黄 35g
  • グラニュー糖 20g
  • ペクチン 3g
  • 板ゼラチン 3g

 

(チェリーのコンフィチュール)

 

  • チェリーのピュレ 150g
  • グラニュー糖  60g
  • コーンスターチ 8g
  • 板ゼラチン 4g
  • 仕上げ用チェリー、バラの花びら、金箔

 

 

STEP-1「マカロン生地を作る」

 

1:マカロン生地を作る。
ボウルに生地用の卵白を解きほぐし、ふるった粉類をくわえてゴムベラで練り混ぜ、色粉を加える。

 

2:イタリアンメレンゲを作る。
なべにグラニュー糖と水を入れ火にかけ、117℃まで加熱する。 

 

3:ボウルに卵白をいれハンドミキサーで泡立てておき、2を紐状にたらして加えながらあわ立て、しっかりとしたメレンゲを作る。

 

4:メレンゲを1に加え、つやが出て光りなめらかになるまで混ぜる。

 

5:絞り袋に詰め、間隔をあけて直径5㎝と2㎝の丸に絞る。(焼くとピエが出て膨らんでおおきくなるので注意。)

表面がかたまるまでそのまま20~30分ほど乾燥させる。(手で触って生地がくっつかなくなるくらいまで乾かす)

 

6:160~170℃で予熱したオーブンで2㎝は12分、5㎝は18分ほど焼く。(途中に一度ドアを開けてオーブンの蒸気を抜くとよい。) 

 

7:粗熱がとれたらオーブンペーパーから静かにはずして冷ます。

 

 

「バニラのクレームブリュレを作る」

 

1:鍋に牛乳と生クリーム、バニラビーンズを入れ火にかけ温める。

 

2:グラニュー糖とペクチンを混ぜたものを卵黄に加えすり混ぜ、1を加える。

 

3:再び火にかけ、かき混ぜながら沸かす。

 

4:戻したゼラチンを加え、ラップをし、冷蔵庫で冷やす。

 

 

STEP-3「チェリーのコンフィチュールを作る」

 

1:グラニュー糖とコーンスターチを混ぜ、ピューレに加え混ぜ、火にかけ沸騰させる。

 

2;火からおろし、戻したゼラチンを加え、冷ます。

 

 

STEP-4「組立て」

 

1:冷めた5㎝のマカロン生地にクレームブリュレを絞る。まわりにチェリーを並べる。

 

2:ブリュレの上にチェリーのコンフィチュールを縛り、サンドする。

 

3:2㎝のマカロンにチェリーのコンフィチュールを絞りサンドし、ボディ用マカロンにのせ、バラの花びら、金箔をつける。

 

3チェリーのマカロン・ルリジューズ

 

ポイントは、冷蔵庫で4日間、冷凍保存もできますが、
壊れやすく、乾燥しやすいのでタッパーなどに保存するとよいでしょう。

粉糖は純粉糖、またはオリゴ糖入りを使用します。コーンスターチ入りはNGです。
マカロンの場合は素材が特に重要なので気を付けましょう。

 

また、きれいに作るポイントはアーモンドプードルと粉糖をよくふるい合わせることも忘れずに。

 

飯田先生

 

「中目黒にある 小さなお菓子/パン教室 Feve」飯田先生

1998年より料理教室を始める、丁寧な指導に加え、フランス菓子の歴史や文化を解説するレッスンは大好評

 

 

ロゴ

公式HPはこちらから


このエントリーをはてなブックマークに追加

プレゼントに手作りお菓子・スイーツを贈ろう!