ころころチョコサンドクッキー

贈るレシピ「ころころチョコサンドクッキー」編

F氏  F氏

CUOCA STUIDO 脇元先生

「クオカスタジオ」脇元先生

 

東京・自由が丘のお菓子・パンレッスン教室 「クオカスタジオ」脇元先生

簡単で、時間もかからず、一度に多く作れる点が初心者の方にはおすすめ

 

公式HPはこちらから

 

クオカスタジオの脇元です。
簡単で、時間もかからず、一度にたくさん作れる「ころころチョコサンドクッキー」をご紹介します。
バーチ・ディ・ダーマ「貴婦人のキス」という意味の名前を持つイタリア生まれのクッキーです。
アーモンド風味のほろりとした食感のクッキーに、溶かしたチョコレートをサンドします。
合わせるドリンクはミルクティーがぴったり。

お誕生日のお祝いや女子会で、あるいは休日のおやつに、
クッキーとミルクティーでほっこりとした時間を楽しんでみてください。

 

「ころころチョコサンドクッキー」の材料40個(組み合わせて20個分)

 

プレーン生地 20個分

 

  • バター(食塩不使用) 40g
  • 粉糖 15g
  • 薄力粉 55g
  • アーモンドプードル 20g

 

ココア生地 20個分

 

  • バター(食塩不使用) 40g
  • 粉糖 15g
  • 薄力粉 52g
  • アーモンドプードル 20g
  • ココアパウダー 3g

 

サンド用

 

  • チョコチップ 30g
  • キャラメルチョコチップ 25g
  • ストロベリーチョコチップ 25g

 

「ころころチョコサンドクッキー」の作り方

 

1.バターを常温に戻しておく。

プレーン生地用の薄力粉とアーモンドプードル、

ココア生地用の薄力粉とアーモンドプードルとココアパウダーをそれぞれ合わせてふるっておく。

天板にオーブン用ペーパーを敷いておく。

オーブンを160℃に温めておく(予熱)。

 

2.〈生地を作る〉

2つのボウルに常温に戻したバター(プレーン生地用、ココア生地用)を入れて、

それぞれホイッパーでほぐす。

 

3.2つのボウルそれぞれに粉糖(プレーン生地用、ココア生地用)を入れて、
ホイッパーでよく混ぜる。

 

4.準備でふるっておいた粉類(プレーン生地用、ココア生地用)をそれぞれのボウルに加え、

ゴムべらで合わせる。

 

5.それぞれ20個(1個約5g)に分割して手で丸めてオーブン用ペーパーを敷いた天板に並べ、160℃に予熱したオーブンで約15分焼く。

 

6.焼き上がったら、ケーキクーラーなどにのせて冷ます。

 

7.〈仕上げ〉

チョコレートをそれぞれ小さいボウルに入れ、60℃程度のお湯をはったもう一つのボウル(湯せん)にあてて溶かす。

溶かしたチョコレートをスプーンなどでクッキーの間にはさめば、できあがり。

※プレーンとココアのクッキーを組み合わせてはさむと彩りが華やかになります。

 

8.〈ラッピング〉

1つずつをワックスペーパーに包んで、両端をねじったら、プレゼントにもぴったりです。

ポイントは1のバターを常温に戻しておくことですね。
材料はホームページでも販売しておりますのでご参考にしてください。

詳しくは公式HPまで

 

 

CUOCA STUIDO 脇元先生

「クオカスタジオ」脇元先生

 

「東京・自由が丘のお菓子・パンレッスン教室 クオカスタジオ」脇元先生

リピーターの多さがそのクオリティを証明。プロも愛用するお菓子材料の店「クオカ」が運営するお菓子レッスン教室です。

 

公式HPはこちらから


このエントリーをはてなブックマークに追加

プレゼントに手作りお菓子・スイーツを贈ろう!