キャラメル&チョコクリームのパリブレスト

贈るレシピ「キャラメル&チョコクリームのパリブレスト」編

F氏  F氏

CUOCA STUIDO 脇元先生

「クオカスタジオ」 脇元先生

 

東京・自由が丘のお菓子・パンレッスン教室 「クオカスタジオ」脇元先生

大きなリングのシューの中にチョコクリームがたっぷり入ったプチシューをしのばせて、
ちょっとしたサプライズも味わえるし、ギャザーみたいなキャラメルクリームと、
プレートやキャンドルでおめかししたら、
あなたにも、おしゃれなバースデーケーキができます。

 

公式HPはこちらから

 

男性が大好きなシュークリームで、おしゃれなバースデーケーキを作りましょう!
「パリブレスト」とは1891年にパリ→ブレスト間で行われた自転車レースを記念して、
自転車の車輪の形に作られたとされています。
なので、その歴史は古く、フランスの伝統的なお菓子となっています。
大きなリングのシューの中にチョコクリームがたっぷり入ったプチシューをしのばせて、
ちょっとしたサプライズも味わえるし、ギャザーみたいなキャラメルクリームと、
プレートやキャンドルでおめかししたら、
あなたにも、おしゃれなバースデーケーキができます。

合わせて楽しむドリンクは珈琲が良いでしょう。

パリブレストは、しっかり甘いスイーツなので、

酸味の少ない珈琲がオススメです。

 

「キャラメル&チョコクリームのパリブレスト」の材料

 

直径約15cm 1台分

 

シュー生地

 

  • お湯だけでできるシューミックス1袋(100g)
  • 湯(50℃くらいの温度)150ml

 

チョコクリーム

 

  • カスタードクリーム(アッシュカスター・ショコラ)230g

 

キャラメルクリーム

 

  • 生クリーム(乳脂肪45%の程度のもの)200g
  • グラニュー糖 8g
  • キャラメルクリーム 40g

 

仕上げ

 

  • トッピング粉砂糖適量
  • Wiltonゴールドメタリックキャンドル お好みで
  • プラスティックバースデープレート お好みで

 


 

1.【準備】

 

・紙に直径15cmの円を書いておき、天板にのせる。その上にオーブン用ペーパーを敷いておく。

・生地を焼くタイミングに合わせて天板を抜いてオーブンを210℃に予熱しておく。

 

2.シュー生地を作る。

 

シューミックスに湯を加えて、ホイッパーでしっかりと混ぜる(約2分間)。なめらかでツヤのある状態になったら、生地のできあがり

 

3.花口金8切#9を付けた絞り袋に生地を入れ、天板に準備しておいた紙の円に沿って、オーブンシートの上にゆっくり円形に絞り出す。

その内側にもう一本円形に絞り、2重の円を作る。

2本の円の上の真ん中にさらにもう一本絞る。

※残った生地はプチシューに使用するため、丸口金#7(8mm)を付けた絞り袋に生地を入れ、乾燥しないように口金の部分にラップを巻いておきます。

 

4.霧吹きで生地表面全体に水をたっぷりと吹きかけ、210℃に予熱したオーブンで約45分焼く。

持ち上げた時に、中が空洞になっているような軽い感じがしたら焼き上がり。

オーブンから出し、天板のまま冷ます。

再びオーブンを210℃に予熱する。

 

5.[3]の残りの生地で直径2cm程度のプチシューを10〜12個絞る。

 

霧吹きで生地に水を吹きかけて、210℃に予熱したオーブンで約15分焼く。

オーブンから出し、天板のまま冷ます。

 

6.仕上げる。

 

生地が完全に冷めたら、[4]のリング状のシューを上下半分にカットする。

[5]のプチシューの底に竹串で丸口金#5の口が入る位の大きさの穴をあける。

アッシュカスター・ショコラ約180gをリング状のシューの下半分に絞る。

丸口金#5を入れた絞り袋に残りのアッシュカスター・ショコラを入れてプチシューの底に開けた穴から絞り入れ、
リング状のシューのクリームの上に並べる。

 

7.キャラメル生クリームを作る。

 

キャラメルクリームと生クリーム50gをボウルに入れて湯せんにあてながら人肌程度まで温め、ホイッパーで混ぜ溶かす。

残りの生クリームを少しずつ加え、混ぜ合わせる。

グラニュー糖も加え混ぜる。

 

8.[7]のボウルの底を氷水にあてて8分立てにし、花口金8切#9を付けた絞り袋に入れ、リング状のシューの周囲に下から上に向かって絞る。

 

さらに、プチシューを隠すように内側も同様に絞る。

 

9.リング状のシューの上半分をそっとのせ、茶こしでトッピング粉砂糖をふりかける。

 

残りのキャラメルクリームを絞った上にバースデープレートを立てかけて、キャンドルを飾ったらできあがり。

組み立てが難しいところもありますが、少々不恰好になったとしても、
これだけのものを作ってくれたと彼氏も納得してくれるでしょう。
クオカでは簡単につくれる材料をご用意しておりますので、参考にしてください。
詳しくは公式HPへ

 

CUOCA STUIDO 脇元先生

CUOCA STUIDO 脇元先生

 

「東京・自由が丘のお菓子・パンレッスン教室 クオカスタジオ」脇元先生

リピーターの多さがそのクオリティを証明。プロも愛用するお菓子材料の店「クオカ」が運営するお菓子レッスン教室です。

 

公式HPはこちらから


このエントリーをはてなブックマークに追加

プレゼントに手作りお菓子・スイーツを贈ろう!