ケーク・サレ

贈るレシピ「ケーク・サレ」編

F氏  F氏

Sweet Ribbon 隈部先生

 

「Sweet Ribbon 隈部 美千代 お菓子教室」隈部先生

「ケーク・サレ」とは甘くないケーキ。 塩味のケーキのこと。チーズやお野菜を混ぜ込んだものです。ちょっとおしゃれなメニューとして人気です。

 

Sweet Ribbon 隈部 美千代 お菓子教室

公式HPはこちらから

 

名前は甘くないケーキの意味。

お野菜たっぷりなケーク・サレは予め準備をして、
みんなが集まるちょっと前にオーブンへ。
生地は混ぜるだけの簡単レシピ。お野菜は冷蔵庫にあるものでOKです。
焼き立てをテーブルに出せば、みんなの歓声が聞こえます。

 

「ケークサレ」の材料 18cmパウンド型 1台分

 

  • パプリカ(赤)··· 1/2個
  • いんげん ················· 9本
  • アンチョビ ·············· 3枚
  • ツナ缶 ···················· 80g
  • ブラックオリーブ(種なし) 25g
  • うずらのゆで卵 ········ 6個

 

「ケークサレ」の生地

 

  • 卵 ························· 2個
  • 牛乳 ······················ 100g
  • 塩 ························· 2g
  • オリーブ油 ·············· 50g
  • 粉チーズ ················· 50g
  • 薄力粉 ···················· 120g
  • ベーキングパウダー ··· 4g
  • 粗挽き胡椒 ·············· 適量

 

<作り方>

 

1.具材の下ごしらえをしますパプリカは種とわたを取り、細切りにしてサラダ油(分量外)でしんなりするまで炒め、塩、胡椒で味付けします。

 

2.いんげんは塩茹でします。アンチョビは縦半分に切ります。ツナは汁気を切ります。

 

3.生地を作りますボールに卵を入れて泡だて器でほぐします。牛乳、塩、オリーブ油、粉チーズを順に入れて混ぜます。

 

4.ふるった薄力粉とベーキングパウダーを入れて、粉気がなくなるまで混ぜます。

 

5.油を塗った型に生地の1/3量を入れて、パプリカ、いんげんの1/3量、アンチョビ、ツナ缶、オリーブ、うずらの卵の1/2量をのせます。

 

6.生地の1/3量を入れ、5と同様に具材をのせます。

 

7.残りの生地を入れ、上面にパプリカといんげんの残りをのせます。

 

8.180℃に予熱したオーブンに入れて30分焼きます。

 

 

Sweet Ribbon 隈部先生

 

「Sweet Ribbon 隈部 美千代 お菓子教室」隈部先生

生徒さんが作りたいものを作る、という独自のスタイルが評判。“ 贈るお菓子 ”をテーマに2006年より東京・門前仲町にて教室を開講

 

 

Sweet Ribbon 隈部 美千代 お菓子教室

公式HPはこちらから


このエントリーをはてなブックマークに追加

プレゼントに手作りお菓子・スイーツを贈ろう!