クーロンヌ(COURONNE)

贈るレシピ「クーロンヌ(COURONNE)」

F氏  F氏

ジャンポール・チェボー先生

「ジャンポールチェボー・クッキングステュディオ」ジャンポール・チェボー先生

 

私は、COURONNE(クーロンヌ)をオススメします。
クーロンヌとは、フランス語で「王冠」・「環状」を意味し、丸いリングケーキに名付けられます。
サックっとカリカリの食感が楽しめる教室でも人気のお菓子です。

 

「クーロンヌ」の材料

 

  • バター … 125g
  • 卵白 … 20g
  • 小麦粉 … 150g
  • 塩 … 1g
  • 粉糖 … 50g
  • バニラシュガー … 1g
  • ベーキングパウダー … 2g

 

アパレイル・クロスティアン

 

  • 生クリーム … 35g
  • 水あめ … 35g
  • ブラウンシュガー … 35g
  • 刻みアーモンド … 35g

 

「クーロンヌ」のつくり方

 

1:クリーム状のバターと砂糖、塩、バニラシュガーを混ぜる。

 

2:卵白を加え混ぜて、そこに小麦粉、ベーキングパウダーを合わせてふるったのを加える。

 

3:絞り袋に入れて好みの形(丸やハート型)に絞る。

 

4:アパレイル・クロスティアンはブラウンシュガー、生クリーム、
   水あめを鍋に入れ沸騰したら火を止め、刻みアーモンドを加える。

 

5:絞って形を作っておいた中に、できたアパレイルをスプーンで流しいれる。

 

6:180℃のオーブンで10分焼く。

 

作るポイントは、アパレイルは材料が溶けて湧き上がったら火を止めて刻みアーモンドを入れることです。

 

 

クローンヌ

 

はい完成です。

 

可愛いラッピングをして、プレゼントしたら喜ばれると思います。

 

お菓子作りが得意じゃない人も、わりと簡単に、失敗しにくいレシピなので参考にしてください。

 

 

ジャンポール・チェボー先生

「ジャンポールチェボー・クッキングステュディオ」ジャンポール・チェボー先生

 

ル・コントでのシェフ、ル・コルドン・ブルーでの講師、
恵比寿ガーデンプレイスにあるジョエル・ロブションのデザートや
ブティックのオープン準備から携わり、シェフ・パティシエとして勤務。
現在は、六本木にてフランス菓子教室をオープンして10年余り。
専門学校の講師やコンテストの審査員、専門誌でのお菓子紹介等。
40年以上の経験を生かして多方面で活躍中。

【ホームページ】ジャンポール・チェボー公式HPはこちらから


このエントリーをはてなブックマークに追加

プレゼントに手作りお菓子・スイーツを贈ろう!