DSC_2946

Vol.3 お花屋さんでの注文の仕方?

クルクル  クルクル

店員さんが初めて花贈りをする男性へ、「ガーベラ」をおすすめしています。 ちょっとのぞいてみましょう。

 

— へぇ!いろんなお話しありがとうございます!

—じゃあ、「オレンジのガーベラ」にします。そのあと・・・どうしたらいいですか?

 

 

そうですね。次は形状です!

 大きく分けて「花束」か「アレンジメント」の2つの商品形態があります。

 

直接渡したいのであれば「花束」がいいですね

 

プレゼントするときの見た目や演出を重視するならブーケのような「花束」が良いのではないでしょうか。

 

— なるほど 「花束」はわかるんですけど

— 「アレンジメント」がちょっとわからないですね…

 

日比谷花壇
花束

日比谷花壇
アレンジメント

 

「アレンジメント」は、器に保水性のあるスポンジのようなもをセットして、

花をアレンジしますので、ご自宅に帰ってそのま「ポン!」と飾っていただけます。

ただし、花束よりかさばり、重さもあるので、手渡しで渡されるなら

花束をおすすめします。

 

— では、さりげなく、手渡しで渡したいので花束にします。

— 花は「ガーベラ」だけになるのですか?

 

もちろん、他のお花とも組みわせすることもできますよ。

ご予算をお伝えいただいて、

使用する花とざっとした組み合わせを見ていただき

確認していただいてから、

最終的に花束として仕上げていきます。

 

— ガーベラの場合どのぐらいの予算を考えておけばいいですか?

 

大きさにもよりますが、

ガーベラは比較的安いお花なので、

3000円~5000円でよいカタチに仕上げることができますよ。

 

— 今回は5000円で考えようと思うのですが

— プレゼントの相場ってあるんですか? 

 

ありませんよ。ただ、何かほかのプレゼントにお花を添えるのではないのでしたら、5000円前後のボリュームは喜んでいただけると思います。 

 

《つづく》

次のページへ「 Vol.4 贈った人も貰った人も知っておきたい!ガーベラを長く楽しんでもらうコツ

 


このエントリーをはてなブックマークに追加