DSC_2956tt

Vol.4 贈った人も貰った人も知っておきたい!ガーベラを長く楽しむコツ

クルクル  クルクル

初めて花をプレゼントする男性が、お花を注文!

店員さんから花の長持ち方法を説明聞いているようです。

知っておくと花をもっと楽しめます

 

— そういえば!お花を長く楽しむコツ、あるんですか?

 

そうですね。

切花でしたら、出来るだけ早めにお水につけてあげてください。

 

 花束などの場合、

保水処理はしているのですが、あまり長くはもたないんです。タオルペーパーみたいなものに水を濡らして切った部分を覆っているんですが、そんなに水を多く含んでいないので、できれば早めに切り戻して水に入れてもらえると長持ちします。

 

— なるほど!そういうアフターケア。彼女も知らないかもしれません。

— さりげなく、話してみます。

 

切り花を美しく長く咲かせる「クリザール」という溶液と

お手入れのしおりをご用意していますので

一緒に渡していただけると喜ばれると思います。

 

クリザールは、水に溶かす溶液でして花瓶の水に溶かして使います。クリザールを使った切花と使わない切花では、花のもちが全然違うので、暖かくなる4月にはとても役に立つアイテムです。

  

— きちんとお手入れできたとしたら、どのぐらい楽しめるものですか?

 

そうですね、

今の季候ですと日の当たらないところでしたら、

一週間ぐらいですね。

 

  毎日水を変えて、茎を切り戻しをしてあげると、花持ちが伸びます。そして、切るときには水の中で切った方がいいんです。切り口を空気に触れさせないで切った方が吸水性が格段にあがるんです。

 

— なるほど。

 

あとこれは、生活の知恵的なお話しですが、をお水の中に沈めてあげると良いそうです。

銅(十円玉)を水にいれると、

花を腐らせるバクテリアを殺菌する役割があるようなのです。

 

— すごいですね!いろいろとありがとうございます!

 — いろいろとご相談にのっていただき、ありがとうございました!

—少しだけ自信を持ってお花をプレゼントできそうです!

 

 

こちらこそ、ありがとうございます!

またいつでもお越しくださいね!お待ちしています。

 

◆おまけ◆

東京都内の日比谷花壇のお店では4月「ガーベラフェア」開催中!

お店の一覧はこちらから

 

 

次のページへ 「vol.5 四月の誕生日プレゼントにオススメの花「ガーベラ」のまとめポイント

 


このエントリーをはてなブックマークに追加