ひまわり4

ひまわり 画家も魅了する華やかさ

KAZ  KAZ

ひまわりの魅力  ~画家も魅了する華やかさ~


 日比谷花壇 ひまわり

 

出典:日比谷花壇サイトhttp://www.hibiyakadan.com/cs/gift/item/1368429850746.html

 

子供の頃から誰もが名前を知っている太陽のような大きな花。

夏を代表する花のひまわり(向日葵)は、北アメリカ原産のキク科の一年草です。

大きな一つの花のように見えますが、小さな花が集まってできています。

観賞用に栽培されるほか、種は食用になり油もとれます。

古代インカ帝国では太陽の花と貴ばれ、石造りの神殿にはひまわりの花が彫られ、

太陽神に仕える聖女たちは金細工のひまわりを身につけていました。英名は「サンフラワー」。

ひまわりの魅力はなんといってもまっすぐに太陽に向かって大きな花を咲かせる姿が、

花の中でまるで「私が一番」と主張しているように見えます。

北海道や日本の各地のひまわり畑はまるで絵画のような美しさを私たちに見せてくれます。

そして、ひまわりを見ているとなんとなく元気になり、まるで生命のエネルギーに満ちあふれているようで、

人々の心を引き付ける魅力があります。

 

ファイル:Vincent Willem van Gogh 127.jpg
出典:ウイッキペディア

 

そんなひまわりの魅力に多くの画家たちも惹かれ、その中でもゴッホは生涯に12点も「ひまわり」を描いています。

南フランスのアルル滞在時に盛んに描かれ、ゴッホにとってひまわりは明るい南フランスの太陽、

ひいてはユートピアの象徴であったといわれています。

また、「睡蓮」で有名なモネは自然や植物をこよなく愛し、数々の名作を残しその中に「ひまわり」も描いています。

フランスジヴェルニーにある有名な「モネの庭」でも夏になるとたくさんのひまわりが咲いていることでしょう。

その他にもゴーギャンやマティスなど偉大な多くの画家たちが描いています。

 

この時期、フラワーショップにはひまわりがたくさん並んでいます。

ひまわりの魅力に惹かれた偉大な画家たちのように、芸術家気分でたくさんのひまわりを飾ってみるのも楽しいものです。

きっとひまわりがいつもとは違うすてきな空間を演出してくれるはずです。

そしてあらためて偉大な画家たちに触れてみませんか。

今、市場には「ゴッホのひまわり」「モネのひまわり」「ゴーギャンのひまわり」といった品種もでています。

遠い昔の画家たちと共に、いつの時代でも心ひかれてやまないひまわりを楽しんでみてはいかがですか?

 

店頭に多くのヒマワリが溢れる季節、お花屋さんの店頭をのぞいてみては?

御紹介した商品は日比谷花壇のショッピングサイトで購入できます。⇒日比谷花壇サイト情報はココから
日比谷花壇の店舗でも購入できます。⇒日比谷花壇店舗情報はココラから


このエントリーをはてなブックマークに追加