大神神社

Vol.13 歴史ミステリーに溢れたスポット 大神神社

KAZ  KAZ

■ご祭神:大物主大神 (おおものぬしのかみ)

■所在地:奈良県桜井市三輪1422

■ウェブサイト:http://www.oomiwa.or.jp/

 

日本最古の神社といわれています。

ご神山である三輪山(みわやま)が御神体となっていて、三輪山を直接拝むので、本殿は設けられていません。

二の鳥居を進み、参道を拝殿へ向かって歩くと、途中「夫婦岩」があります。

こちらは、良縁成就、夫婦円満、子授けの御利益があるとされています 古事記と日本書紀で若干神話に違いがありますが、三輪山に鎮座する神は大物主大神(おおものぬしのかみ)とされています。

また、三輪山には巨石による祭壇跡など古代遺跡も見受けられ、古代より聖地だったとする指摘もあります。不思議な形の鳥居、多種多彩な伝説が存在するなど、非常に歴史ミステリーに溢れたスポットとなっています。

名前の由来については、古来、神様といえば三輪を指すことだったため、「神」の字を「みわ」と呼ぶようになったとのことです。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加