土佐神社

Vol.18 和合協調の神様 土佐神社 (とさじんじゃ)

KAZ  KAZ

■ご祭神:味鋤高彦根神(あぢすきたかひこねのかみ)      一言主神(ひとことぬしのかみ)

■所在地:高知県高知市一宮しなね2丁目16-1

■ウェブサイト:http://www.tosajinja.i-tosa.com/

 

ご祭神である味鋤高彦根神(あじすきたかひこねのかみ)と一言主神(ひとことぬしのかみ)は両神とも古代の豪族である賀茂氏の氏神でした。

朝廷から賀茂一族が土佐国造に就任してから、高知に祀られるようになったという説があります。

祭神はもともと大和(奈良県)の葛城山にありましたが、後に雄略天皇の怒りに触れて土佐に流されたと伝えられています。

「一言で物事が解決される」という特殊な信仰をもつ和合協調の神様として、縁結びや夫婦円満に効く神社で有名です。

 

土佐神社

※写真参照元:ウィキペディア

 

境内には、パワースポットとして、「礫石(つぶていし)」が有名です。

礫石は、神が土佐に移ってきた際に、お宮を建てる場所を決めるために、転がっていた石を放り投げたものだそうです。

この石は、この周辺からとれる岩とは性質が違うようです。

やっぱり神さまが放ったものなのでしょうか。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加