結婚前 結婚後

Vol.4 「結婚前」と「結婚後」

贈るキモチ管理人  贈るキモチ管理人

■草食男子A君 モノはいらないのかなぁ?
先輩女子Bさん いらない・・ってわけじゃないけど

結婚した時には財布は一緒になったりするから。

同僚Cさん そうねぇ だんだんね。そこが切り替わったりするスイッチだったりするから
■草食男子A君

結婚前と結婚後だと誕生日の意味合いって変わってきます?

同僚Cさん そうね。

結婚後だとちょっと生活に密着したものがプレゼントされたりとか多くなるのよ。

自分が欲しいと思っているものを言えたりするから。

■草食男子A君 なるほど なるほど
結婚したら、もう両想い同然・・なのですか?
同僚Cさん 両想い!?(笑)
その言葉、小学生以来だわ。付き合ってても両想いでしょ?
そうじゃないの?
先輩女子Bさん 片アプローチのときもある?

こっち温度熱め、あちら温度低め…みたいな?ときもあるってことか。

同僚Cさん ああそういうことね。
■草食男子A君

プレゼントするというコトは、
男女のキモチ・温度の戦いじゃないですか?

先輩女子Bさん 温度の戦い??(笑)
■草食男子A君 結婚して、ちょっと落ち着いてくると温度も
安定感でてくるんじゃないですか?
先輩女子Bさん うん。ウチの上司のところは、ずっとイベントが大変って感じ。
結婚してても誕生日に「頑張ろう!」ってタイプで
奥さんも同じで、結婚記念日に「頑張ろう!」って言ってくれる

楽しくて、楽しみにしているバランスが取れているのだと思うだよね

きっと・・
■草食男子A君

自分のタイプをまず知りつつ、

相手のタイプを知りつつ

ちょうどいいところは どこかを見極めることが大切ですよね。

頑張りすぎちゃうと
迷惑な時のもあるということですね
ムズカシー(笑)
同僚Cさん それで、彼女に何をプレゼントするの?
■草食男子A君 まだ 決めてません。
先輩女子Bさん 今の話しを聞いて、クリスマスと誕生日を分けてプレゼントする?
■草食男子A君 そーですね
金額的なものってあるじゃないですか
当月に2つのイベントがあった場合
両方ならして・・
先輩女子Bさん でもね。 年間にしたら同じでしょ。
フトコロ事情も重要だけど。
同僚Cさん 12月はボーナスが入る月だから、ちょうど良かったんじゃないの?
■草食男子A君

そうすると誕生日の方が重要ですから。

さっきのお話のようにクリスマスは「お互い」だから
まぁ変な話、値段の調整もできるので・・そうなると
皆さんがおっしゃるように

誕生日を重視して、プレゼントしようと思います。

手書きのメッセージカードを添えてですね。

おしまい

編集
後記

先輩女子Bさん同僚Cさん 
彼のように、彼女の誕生日が季節のイベントと重なっている人は沢山いると思いますが、
出来たら二つのお祝いをしてあげる方が良いですね。
プレゼントはサプライズな演出じゃなくても、手書きのメッセージカードでも演出できるというコト。
女子と男子の感じ方は違いますが、ようは贈る人のキモチが伝えられれば良いのではないでしょうか?
こういうケースの場合、皆さんはどうされますか?

このエントリーをはてなブックマークに追加