女性♥2

Vol.2 母から娘に継承されるギフト

贈るキモチ管理人  贈るキモチ管理人

 

   
 A

そうですね。

両方の考え方があるんだと思います。

お母さんに贈るのか・・・

子供に贈るのかってことは・・・


 F

旦那さんから贈るなら、なんだったら良いのだろうね。

何が一番喜ばれると思う?


 A

なんでしょうね。

なんか 身に着けられるものがいいかな?

アクセサリーとか・・・?

私の母はそうなんですけど

親が年をとってくるじゃないですか

そうすると

自分がお父さんに、もらったものとか

親にもらったアクセサリーとかは

最終的に娘にいくと思っているから


 共稼ぎ社員B


う~ん。わかる。わかる。

 A

これは、あのときもらったアクセサリーだよ、とか

いろいろ説明をしてくれて

「これはあなたに似合うかな、これは妹の方かが良いかな」って

いろいろ言うですよ、ことあるごとに


 池ちゃん

おー。母と娘の絆ってことかな。


 A

それもまた、語りたいんですよね、親は・・。

「これ、お父さんに買って貰ったんだ」とか


 池ちゃん


あーいいですね。話を聞いているだけで赤面しちゃうな。

 A

たとえば、子供がおっきくなったときに

「お父さんがこれ買ってくれたんだよ」って言われたら

子供もうれしいですよね。 きっと!


 F


子供にそれをあげるっていうのもあるの?

 A

最終的には。まあ 形見みたいな感じになるじゃないですか。

だから アクセサリーとかは女の子だったら嬉しいかもしれない


 共稼ぎ社員B

うん。うん。私の母もそういう感じ。

男の子だったら奥さんになる人にあげる、というのもいいよね。


 A


そっか そういうのも良いかも。

 F

ジュエリーってさ その自分が持っているのを 

こう・・継承していくようなところがあるじゃない、

つまり、 次の子供に、そのまた次の子供にというような

それって素敵だなって思う・・男の世界にない そういうの。


 池ちゃん


そういうのないですね。世代を超えて伝えていくのもギフトの一つですよね。


 共稼ぎ社員B

時計とかは どうなんですかね

 男性は婚約したときに買ってもらう


 共稼ぎ社員A

デザインが古くなるよね。ほんとに何百万する時計だったら

直してもらってもいいけど。直すもの大変だっていうのもあるし


 共稼ぎ社員B

でも アクセサリーもそういうのあるじゃないですか

今のデザインと違ってたりするし


 共稼ぎ社員A


でも、指輪はリフォームできるからね

 共稼ぎ社員B


(メンテナンスをして)受け継いでいくとかしないと厳しいかもしれないし・・・

 A


この話、男の人は何も言えないですよね。(笑)

 池ちゃん


でも、なんとなくそのキモチ分りますよ。


(
vol.3に続く)

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加