女性♥

Vol 3. 常に「癒されたい」って気持ちは男性よりあるんじゃないかって

贈るキモチ管理人  贈るキモチ管理人

 

 

 

 F

繋がっていくってことは、素敵なことだよね。

 共稼ぎ社員A

時計とか 古くても嬉しいかもしれないですね。

お父さんの歴史があって・・
コレクションボックスみたいなのに

飾っといてもかっこいいですよね。

 

 F

雛人形とか、丹後の節句のお人形とかは

代々ついでいくじゃないですか。そと同じことだよね。

出産のお祝いに、奥さんに贈るのも、

世代を超えてジュエリーを引き継いでいくのも

夫婦や親子の絆から生まれるギフトだよね。


 A

そうですね

でも、ファーストマザーズディって、

あくまでも 自分の奥さんが、の場合じゃないですか?

Nさんの場合は「部下」が産んだ場合の話じゃないですか

そうするとアクセサリーはちょっと重たいかな・・。(笑)


 F

うん。それは確かに重たい。

じゃあ 何贈ろうかなー

全然思いつかなくって

思いつかなかったから、

じゃあ、お金出すから買ってきて・・となるわけだ。


 A

紅茶をあげたことはあります

マタニティ用の紅茶

オーガニックの紅茶。

 共稼ぎ社員A


そうそうそう、カフェインが入ってない紅茶

 池ちゃん


産後用に効く
んですか?

 共稼ぎ社員B

そう。そう。

「おつかれさま・体を癒してね」って

香りがいいオーガニックの紅茶はあげたことがるわ。

しかも、いちいちティーポットに入れてつくるのも大変じゃないですか

時間がないから

だからコップにパカッってはめて

すぐ飲めるティーカップもセットして

お茶をあげたことはありますね。


 F


あー。それはいいかもしれないね。

 A

やっぱり、健康に気をつかうような商品がいいかもしれないね

産んでみないとわからないことですけど・・。

やっぱり、子供産んだら体質がすっごい変わるらしいんですよ。


 

 共稼ぎ社員A

その話良く聞く。

例えば、一気にシミができちゃったりとか、

一気に虫歯になっちゃたりとか。

子供にいろんな栄養あげてるから 変わっちゃうみたいだから

ちょっとでも体をいたわってあげたりとか、

美容系のモノとか


 F

女性の体質変わるって、結構大変だと聞いているね。

知り合いの人の奥さんなんかは更年期なんですよ

50過ぎてからさ

もう大変なんだって、

体温調整ができない、涼しいのに バッと汗かいたりするんだよ。

イライラするようなことも言ってたなぁ。


 共稼ぎ社員A


そう、常にイライラする。

 A


えっ?

 共稼ぎ社員B


私もイライラする。

 A

え?・・って、2度見しちゃったよ。

もしかして更年期もうはじまってるの?(笑)

 F


それは、仕事でしょ。そのイライラは。

 共稼ぎ社員A

でも、ちょっと話が外れてしまうけど

やっぱり、絶対「アンチエイジング」

敬老の日ギフトにも、母の日ギフトにも絶対キますよ

そういう女性の人に贈るものだったら。

もらっていやじゃないもん 絶対。

 F


最近、アンチエイジングの話ばっかりしてるね。

昨日も2人でお昼いって聞いちゃった。

 共稼ぎ社員A

髪の毛のアンチエイジング、買っちゃったもん(笑)

どんどん年取ってばーさんみたいになったらどうしよう、とか

すごい心配してるから

 F


(笑)意地悪ばーさんにならないように。

 共稼ぎ社員B


だから 癒されるモノとか 欲しいかも

 A


女子にとっては深刻ね。

 共稼ぎ社員A


もうすぐ深刻になってくるから ほんとに(笑)

 F


女性っていうのは ある程度、20代から入ってきて

だんだん 年齢的なステップを上がると

「社会」っていうのは 女性に対して・・

 共稼ぎ社員B


また、また、難しいことを・・・委員長。

おおやけに公表できないわ。(笑)

 F


いや、どうゆう風に思ってくるのかなって

飲み会の席だし。

働いている女性は男性よりも

精神的な負担がデカイんじゃないかって?

 共稼ぎ社員B


それは・・・すごいあると思いますよ

それをわかってくれている人は少ない・・

F 


かといって自分も分っているようで、わかっていないけどさ。

口先でいってるだけかもしれないけれど

だから、常に「癒されたい」とか

「集中するモノを他につくっておきたい」とか

 A

そういうニーズが凄くありますよ。

委員長の奥さんも仕事してますよね。

それに対してどうしてあげているのですか?


 F

旅行や食事に行ってあげたり、してるよ。

主導権は向こうに握らせて

僕は、もう そこに行くだけ みたいな。


 共稼ぎ社員A


それは 楽しみだもんね。仕事も頑張ろうって気になる。


 A

でも(さっき言っていた)ファーストマザーズディもそうじゃないですか

子供産むってはじめてのことだし、すごいストレスを抱えるから

やっぱり、子供を産んで、働いてっていう人は

ほんとにすごいなって思います。

 池ちゃん

僕もそう思う。両親が共稼ぎだったから。

「すごいなぁ」って

うちの会社でも子供も育てて・店長している人いるじゃないですか

すっごいなぁって。

だから、常に「癒されたい」って気持ちは

男性よりあるんじゃないかって思います。

 F


ふぅ~。

 A


委員長、疲れてますけどダイジョブですか?(笑)

 F


ふぅ。飲みすぎた。(笑)

さあ。そこで、皆さんに宿題があります。

ファーストマザーズディ、初めて母になる妻に贈るギフト企画を考えてくるように!

来週、会議でやるからさ。よろしく!


 共稼ぎ社員B

えっ~。結局仕事のことなのね。

酔いが醒めそう。


 池ちゃん

着地点みない見えてないのですけど・・・

飲みすぎで覚えていないし。 
 

 

おわり。

 F

【編集後記】
そう、着地点が見えないままに、
飲んでばかりの「よもや話」になってしまいましたが、

女性と男性は全く感度が違ってことです。
違うことを分っておくことも、
贈る相手のキモチを理解した上でギフト選びが出来るのではないでしょうか?

女性は子供の頃は名前で呼ばれますが、
結婚すると「○○さんの奥さん」、
子供が生まれると「○○ちゃんのお母さん」・・と色々な呼ばれ方をしますね。

一人の女性が担う役割は、
妻であり、母であり、仕事をしていけば一人の社会人であり、
何役もこなしている人が多いってことです。

だから、男性にはなかなか理解できないストレスもあると思います。

そうしたことをくみ取ってあげることも大切なのではないでしょうか?

 

次回よもや話で、またお会いしましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加